REDWING BECKMAN (レッドウィング ベックマン)

Posted by Second Fiddle on 18.2017 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC03564_convert_20170118192411.jpg
オリジナルからだいぶ男前になって甦りました!
ベックマンのオリジナルソールって大概割れてボロボロとれて持ち込まれることが多いです。
しかも削れるというより溶ける感じは一体なんなんでしょうか!?
DSC03568_convert_20170118192330.jpg
革の層が増すとやっぱりかっこいいです! その分着色ムラが出やすくなりますので腕の見せ所です!
つま先はオリジナルより気持ち上げています。
DSC03566_convert_20170118192422.jpg
ダブルミッドソール+#705ソールでクラシカルな印象に。
DSC03567_convert_20170118192434.jpg
気持ちえぐってキュッとセクシーに!いいラインです!
DSC03557_convert_20170118192357.jpg
トップリフトはヴィンテージネイルを使用しています、実は。
DSC03558_convert_20170118192320.jpg
こんな感じで紐も40'sくらいにすると、なおかっこいいかと思います!これだけでだいぶ印象変わりますね!

#705オールソール ¥13500(+tax)
ミッドソール 1枚 ¥3000

REGAL Shoes (リーガル)

Posted by Second Fiddle on 08.2017 Work Boots 0 comments 0 trackback
さぁ今年も残り357日(笑) 本年も宜しくお願い致します!

DSC03190_convert_20170108182600.jpg

DSC03192_convert_20170108182613.jpg
20数年愛用とのこと!経年劣化でソールが硬化しヒビが入ったり、割れたりとだいぶ重症です。
アッパーは綺麗に残っているのでこれからも長く愛用したいとのご相談でした。
DSC03224_convert_20170108182632.jpg
複雑なパターンのカップインソールでしたので、カバーしきれない部分は上の画像のように革でカバーしました。
そんなデザインに見えれば幸いです!
DSC03222_convert_20170108182710.jpg
全周以前のソール跡が出るのでゴムのウェルトを巻いて隠し、ミッドソールでマッケイ縫い。
DSC03223_convert_20170108182722.jpg
アウトソールは#2668ガムライトソール。
こちらはゴムを発砲させ重さは40%軽減、ゴムなので摩耗にも強いというなかなかの優れものです。

依頼いただいた方が高齢であること、長持ちさせたいが重いソールは避けたい、それから次の修理が楽に安価にという理由から上記のような修理内容にさせていただきました!

#2668 オールソール ¥12000
革巻き ¥2500
ミッドソール交換 ¥3000
ウェルト装着 ¥3000

WOLVERINE(ウルヴァリン)

Posted by Second Fiddle on 15.2016 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC04097_convert_20161215192131.jpg
1920年代くらいでしょうか?馬押し!なかなか珍しい看板だと思います(店内に飾っています)
DSC03208_convert_20161215192145.jpg
ウルヴァリンの代名詞、1000マイルブーツ!あのベタベタしたレザーソールは修理屋泣かせですね。
今回は思い切ってオールソールでごつく!!
DSC03207_convert_20161215192155.jpg

DSC03205_convert_20161215192119.jpg
#705からのQUABAUG!#705だからといって#700ヒールじゃないとなんて概念捨てて大丈夫です。
DSC03204_convert_20161215192842.jpg

#705 オールソール ¥13500
ミッドソール ¥3000


CHIPPEWA BOOTS (チペワ)

Posted by Second Fiddle on 25.2016 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC03837_convert_20161125192348.jpg
パイピング部分、だいぶやられております。
DSC03880_convert_20161125192410.jpg
スポンジは再利用して内側に入れております。使用した革もタンニン鞣しのオイル感強い革なので相性抜群です。
この赤オレンジみたいな色合いってありそうでないのです。
DSC03883_convert_20161125192422.jpg
ざん! ハトメは交換しないように処理しました。
DSC03876_convert_20161125192433.jpg
このプニュッてした丸み、靴の中でも好きな部位はパイピング!
DSC03882_convert_20161125192359.jpg
タンもビリビリでしたので最低限の補修を。上から2番目の画像も参考にして下さい。
DSC03878_convert_20161125192444.jpg
タグもちゃんと移植しております。

達成感のある作業でした(笑)ありがとうございます!!

パイピング補修 ¥4500(+tax)
タン補修 ¥2500(+tax)

GEOGE COX (ジョージコックス)

Posted by Second Fiddle on 08.2016 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC03474_convert_20161108204606.jpg
ラバーソールのカカト、コーナー修理です。
今回は10mmの天然クレープを2枚使用しました!
DSC03473_convert_20161108204313.jpg
割と馴染んでる?
DSC03472_convert_20161108204416.jpg
だいぶ馴染んでいますね!とても柔らかくゴツゴツしているので違和感なくいけます。

コーナー修理 ダブル(天然クレープ) ¥4000(+tax)
 HOME 

Profile

『SECOND FIDDLE』とは・・・
脇役という意味があります。

主役はあくまでも靴でありオーナー様で僕ら修理屋は脇役に徹する、そんな思いから名づけました。

大切な靴、是非御相談下さい。

Second Fiddle

Author:Second Fiddle

〒310-0804
茨城県水戸市白梅1-5-9
TEL 029-306-7402
OPEN 11:00 CLOSE 20:00
定休日 月曜日

遠方の方ももちろん大歓迎です!
まずはページ下部のメールフォームよりご連絡お待ちしております。

Send Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Seach

QR code

QR