Viberg(ヴァイバー)

Posted by Second Fiddle on 01.2018 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC06972_convert_20180401174541.jpg
ヴァイバーのオールソールです。
元々も#100仕様なので同仕様での修理になりますが、コバはコゲチャに、それから縫い糸は黒に変更希望ということでご要望通りに。
DSC06974_convert_20180401174616.jpg
ダブルステッチ!
内側は手縫いで、外側は機械で縫っています。
綺麗に縫い目が走ると気持ちいいですね。
DSC06975_convert_20180401174552.jpg
ヒールはこんな感じです。
革目がみえるくらいがワークブーツらしいです!
DSC06976_convert_20180401174603.jpg
画像忘れましたが、中底が割れていたのでそちらも交換しております!

#100ソール オールソール ¥13500
ミッドソール交換 1枚 ¥3000
手縫い+ダブルステッチ ¥6000
中底交換 ¥5500


REDWING BECKMAN (レッドウィング)

Posted by Second Fiddle on 18.2018 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC07415_convert_20180318184226.jpg
大概加水分解でベタベタになるこちら!
我慢できずにほぼ新品からの即カスタムです!
DSC07417_convert_20180318184301.jpg
ダブルミッドソールに変更!何気に糸も黒にカスタムしています。
このモデルのウェルトは通常よりも明るめの着色がされているので、コバも明るめに合わせてみました。
DSC07421_convert_20180318184250.jpg
#705に変更です。
よりクラシカルになりました。
DSC07419_convert_20180318184238.jpg
ソールがハーフなので、カカト部分はほとんどを革が占めています。
だからこそ!!色入れがとても大変なんです(汗)

革の部位により浸透率が違うので、ワークブーツのように革目が際立つ仕上げはとても気を使います。
ソールからヒールまで全て同じタンナーで揃えるところからスタートしているわけです。
これがどこまで左右するかは分かりませんが、やるに越したことはないですからね!
DSC07423_convert_20180318184323.jpg
ちなみにこの部分は1枚1枚革から切り出して自分で接着しています。
既製品はボンドの層が厚かったり逆に接着が甘かったりするので信用できません。
DSC07425_convert_20180318184312.jpg
ここからの眺めがすごく好きです!

#705オールソール ¥13500
ミッドソール 1枚¥3000

REDWING PECOS (レッドウィング)

Posted by Second Fiddle on 04.2018 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC07183_convert_20180304162208.jpg
ペコスのいかついカスタムです!
ミッドソールにレザー2枚とラバーで計3枚投入しております。
これでかなりボリュームでました!
DSC07192_convert_20180304162221.jpg
よ~く見るとラバーのミッドソールには黒いポツポツがあるんですが、その正体はコルクです!
ミッドソールもビブラム製の物を使用していますので、国産の物よりも少しだけ厚いです。
DSC07190_convert_20180304162141.jpg
ウェルト+レザーミッド+ラバーミッド=16mm

ここまででも通常の靴の厚さ以上!
反りを意識しながら組み立てたりレザーにもこだわって使用していますので、何も考えずに組んでいるところに比べると履きやすくはなっていると思います。
しかしそれでも初心者の方には厳しいかなと思いますので、我こそはといった方や玄人の方大歓迎です(笑)
DSC07188_convert_20180304162154.jpg

ミッドソール交換(1枚) ¥3000(+tax)
#2021オールソール ¥11000(+tax)


Viberg(ヴァイバー ビバーグ)

Posted by Second Fiddle on 18.2018 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC07137_convert_20180218180051.jpg
なろ~なこちら!
今回のカスタムは・・・
DSC07139_convert_20180218180103.jpg
ジッパーを装着です!
紐靴も含めジッパーカスタムは定期的にご依頼頂きますので、みなさん悩みが多いんだなと感じます。
DSC07142_convert_20180218180114.jpg
こんな感じで履くのが楽になれば良いなと思います。
金属部分が肌にあたらないようにジッパーガードも含め作業させていただきます。
DSC07143_convert_20180218180128.jpg
アメカジ好きのこだわりたい部分ですね、コの字止め!
DSC07144_convert_20180218180139.jpg
ジッパーはクラウンタイプをご指定いただきました!その他タロン・コンマーなど在庫あります!
裁断した端材の革でプルタブを作成しております。
こちらは僕らの気持ちです!これがあるだけで一気にまとまるような気がします。

K様、遠方よりご依頼・一任していただきありがとうございました!!

ジッパーカスタム(長さで変動あり) ¥12000(+tax)

Camper(カンペール)

Posted by Second Fiddle on 04.2018 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC06807_convert_20180204180709.jpg
これこそBEFOREを撮っておけば良かったです(汗)
参考までにどうぞ! PELOTAS ARIEL
カンペールさんらしいオリジナルソールでしたが、今回は軽量化と次回修理しやすいように組み立てました。
DSC06835_convert_20180204180820.jpg
まずオリジナルには存在しないウェルトを作成し、ミッドソールにてマッケイ縫いをかけています。
このミッドソールもビブラム製でよ~く見るとコルクが入っています。
DSC06803_convert_20180204180734.jpg
底材はみんな大好き#2021ソール!
#2060と同じように当店でも使用頻度が非常に多いソールですね。
DSC06805_convert_20180204180800.jpg
気持ち丸く仕上げています。
DSC06802_convert_20180204180747.jpg
全然違和感ないと思いませんか?

#2021ソール ¥11000
ウェルト交換 ¥3000
ミッドソール交換 ¥3000

 HOME 

Profile

『SECOND FIDDLE』とは
脇役という意味があります。

主役はあくまでも靴でありオーナー様で僕ら修理屋は脇役に徹する、そんな思いから名づけました。

大切な靴、是非御相談下さい。

Second Fiddle

Author:Second Fiddle

〒310-0804
茨城県水戸市白梅1-5-9
TEL 029-306-7402
OPEN 11:00 CLOSE 20:00
(日・祝日のみ19:00まで)
定休日 月曜日

遠方の方ももちろん大歓迎です!
ページ下部のメールフォームよりご連絡下さい。

Send Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Seach

QR code

QR