Unknown Shoes

Posted by Second Fiddle on 18.2018 Ladies 0 comments 0 trackback
DSC09316_convert_20181118154717.jpg
気に入った靴だからクタクタになるまで履いて、セメント製法だとどうしてもこんな状態に・・・ソールもだいぶなくなっています。
当店では様々な修理方法を提案させて頂いておりますが、今回はおもいきって全て新規で作製致しました。
DSC09390_convert_20181118154753.jpg
こんな感じです。
既製品だと金型にラバーを流し込んで全て1つにまとめた物をボンドで接着されていますが、修理の場合基本手仕事なので、昔ながらの方法で1つずつこなしていきます。

ソール剥がし→アッパー補修→ウェルト作製→アウトソール作製→マッケイ縫い→釘打ち→積み上げ作製・レベル合わせ→トップリフト接着→コバ削り→仕上げ(着色)

ざっと書き出しただけでもこれだけの工程があります。
DSC09391_convert_20181118154811.jpg
ソールはメンズ資材でも定評のある#2055ソール!
この縫いがマッケイ縫いと呼ばれる物で中底とアウトソールを縫いつけています。
これでつま先がぱっくりなんてことがなくなります。
グレードアップです!
DSC09394_convert_20181118154825.jpg
積み上げは軽量化優先でEVAにしています。
オリジナル通りカウボーイブーツ風の削りにしております。
DSC09392_convert_20181118154839.jpg
オリジナルよりも数段高級感が増しました!!

ウェルト交換 ¥2500(+tax)
#2055 ソール ¥11500(+tax)
磨きなおし ¥1500(+tax)

SANDERS (サンダース)

Posted by Second Fiddle on 13.2018 Dress Shoes 0 comments 0 trackback
DSC08840_convert_20181113184641.jpg
こちらは1940sのサンダース。
とても良い状態で残っていることもさることながら、近年までほとんど変わらない形状の物が製造されていることに驚きます!
そちらはまた後日ご紹介させていただきますね。
DSC08835_convert_20181113184610.jpg
作業内容はスティール補強でございます。
画像のようにスティール分の革を切り出します!
DSC08836_convert_20181113184625.jpg
そしてはめこんであげます!

って文字におこせば簡単ですが、すごく神経を使う作業です。
少しでもずれて切り出すと隙間ができるんですよね(汗)
DSC08841_convert_20181113184653.jpg
今回は少しツメだしっぽい仕上げにしてみました!

トライアンフ スティール ¥4000(+tax)

RABOKIGOSHI WORKS (ラボキゴシワークス)

Posted by Second Fiddle on 04.2018 Ladies 0 comments 0 trackback
DSC09124_convert_20181104165910.jpg
こちらのブランドの特徴でもあるヒールの形状。
通常はカマボコ型や丸などの形状が多いですが・・・

すごく多角形なんです!!
DSC09126_convert_20181104165827.jpg
ヒールからの線がそのまま地面に抜けるように削ります。
DSC09127_convert_20181104165840.jpg
ぶっちゃけ楽しいです(笑)

きまった!!
気持ちいい!!

ってなります(笑)

¥900(+tax)
 HOME 

Profile

『SECOND FIDDLE』とは
脇役という意味があります。

主役はあくまでも靴でありオーナー様で僕ら修理屋は脇役に徹する、そんな思いから名づけました。

大切な靴、是非御相談下さい。

Second Fiddle

Author:Second Fiddle

〒310-0804
茨城県水戸市白梅1-5-9
TEL 029-306-7402
OPEN 11:00 CLOSE 20:00
(日・祝日のみ19:00まで)
定休日 月曜日

遠方の方ももちろん大歓迎です!
ページ下部のメールフォームよりご連絡下さい。

Send Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Seach

QR code

QR