Miu Miu (ミュウミュウ)

Posted by Second Fiddle on 25.2018 Dress Shoes 0 comments 0 trackback
DSC07448_convert_20180325182256.jpg
元々は底の剥がれでご来店されました。

このてのハイブランドは平気でセメント製法の靴が多いので注意が必要です!
底の剥がれ直しだけでは今後永く履けないので、必要に応じて修理内容を追加でご説明させていただいております。
不必要な修理はおススメしておりませんのでご安心下さい。
DSC07440_convert_20180325182214.jpg
ということでまずは中心部分とつま先をアタッチしております。
少し色が違うの分かりますか?これも靴や使用環境など用途に応じて革の部位を使い分けております。
そしてセメント製法からマッケイ製法に仕様変更です!(中底の状況次第です)

これでもうアッパーが剥がれることはありませんね!

DSC07449_convert_20180325182201.jpg
ここで終わりではないですよ!
ハーフラバーで保護して滑り防止にも。
DSC07452_convert_20180325182224.jpg

DSC07451_convert_20180325182244.jpg

#2027ハーフラバー ¥2500
アタッチ ¥500~(面積・箇所数により変動あり)
マッケイ縫い ¥1500

REDWING BECKMAN (レッドウィング)

Posted by Second Fiddle on 18.2018 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC07415_convert_20180318184226.jpg
大概加水分解でベタベタになるこちら!
我慢できずにほぼ新品からの即カスタムです!
DSC07417_convert_20180318184301.jpg
ダブルミッドソールに変更!何気に糸も黒にカスタムしています。
このモデルのウェルトは通常よりも明るめの着色がされているので、コバも明るめに合わせてみました。
DSC07421_convert_20180318184250.jpg
#705に変更です。
よりクラシカルになりました。
DSC07419_convert_20180318184238.jpg
ソールがハーフなので、カカト部分はほとんどを革が占めています。
だからこそ!!色入れがとても大変なんです(汗)

革の部位により浸透率が違うので、ワークブーツのように革目が際立つ仕上げはとても気を使います。
ソールからヒールまで全て同じタンナーで揃えるところからスタートしているわけです。
これがどこまで左右するかは分かりませんが、やるに越したことはないですからね!
DSC07423_convert_20180318184323.jpg
ちなみにこの部分は1枚1枚革から切り出して自分で接着しています。
既製品はボンドの層が厚かったり逆に接着が甘かったりするので信用できません。
DSC07425_convert_20180318184312.jpg
ここからの眺めがすごく好きです!

#705オールソール ¥13500
ミッドソール 1枚¥3000

Trcker's (トリッカーズ)

Posted by Second Fiddle on 11.2018 Dress Shoes 0 comments 0 trackback
DSC07147_convert_20180311180725.jpg
こちらのトリッカーズ、レザーからラバーへ仕様変更です!
DSC07148_convert_20180311180810.jpg
といってもほぼ純正のような感覚ですね、ダイナイトなので!
DSC07145_convert_20180311180736.jpg
今回はミッドソールは交換せずにすみました。
たまにとんでもなくボソボソしてる革の時があるので注意が必要です。
ソールやリフトが浮いて見えるのはダイナイト特有のポチポチのおかげですね。
DSC07151_convert_20180311180746.jpg
つま先はこんな感じ
DSC07149_convert_20180311180759.jpg
カカト周り。
積み上げ部分、2段ある上の部分が三角に削られているのが分かると思います。
これが『レベルをとる。』ってやつです。
これをやらないとヒールの傾斜がきつくて前のめりになるので、非常に歩きにくくなるはずです。
当たり前の作業なんですが、快適に履いて頂きたいですからね。
既製品でも修理品でもこれをやっていない靴を時々見かけます(汗)

WHY??

です!!

ダイナイトソール オールソール ¥13500(+tax)

REDWING PECOS (レッドウィング)

Posted by Second Fiddle on 04.2018 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC07183_convert_20180304162208.jpg
ペコスのいかついカスタムです!
ミッドソールにレザー2枚とラバーで計3枚投入しております。
これでかなりボリュームでました!
DSC07192_convert_20180304162221.jpg
よ~く見るとラバーのミッドソールには黒いポツポツがあるんですが、その正体はコルクです!
ミッドソールもビブラム製の物を使用していますので、国産の物よりも少しだけ厚いです。
DSC07190_convert_20180304162141.jpg
ウェルト+レザーミッド+ラバーミッド=16mm

ここまででも通常の靴の厚さ以上!
反りを意識しながら組み立てたりレザーにもこだわって使用していますので、何も考えずに組んでいるところに比べると履きやすくはなっていると思います。
しかしそれでも初心者の方には厳しいかなと思いますので、我こそはといった方や玄人の方大歓迎です(笑)
DSC07188_convert_20180304162154.jpg

ミッドソール交換(1枚) ¥3000(+tax)
#2021オールソール ¥11000(+tax)


 HOME 

Profile

『SECOND FIDDLE』とは
脇役という意味があります。

主役はあくまでも靴でありオーナー様で僕ら修理屋は脇役に徹する、そんな思いから名づけました。

大切な靴、是非御相談下さい。

Second Fiddle

Author:Second Fiddle

〒310-0804
茨城県水戸市白梅1-5-9
TEL 029-306-7402
OPEN 11:00 CLOSE 20:00
(日・祝日のみ19:00まで)

定休日 月曜日

各種クレジットカード・PAYPAY対応

遠方の方ももちろん大歓迎です!
ページ下部のメールフォームよりご連絡下さい。

Send Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Seach

QR code

QR