REDING Plane Toe (レッドウィング)

Posted by Second Fiddle on 15.2017 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC06033_convert_20171015190427.jpg
アメカジの王道!
しっかりと履きこまれたアーチはできるだけ崩さないように修理しています。
つま先の反りがオーナー様の愛情と思っております!
DSC06036_convert_20171015190456.jpg
プレーントゥやアイリッシュセッター・・・この辺りからアメカジ病にどっぷりなんて方が多いのではないでしょうか?
王道だからこそ長い年月の酷使に耐えオールソール修理を迎えるわけですね。
DSC06035_convert_20171015190442.jpg
今回はミッドソールから交換しています。
こちらのミッド素材もビブラム製、よーーく見るとコルクが入っているんです。
コバ(サイド)の仕上げは赤羽に合わせて粗く仕上げ。
ツルツル綺麗だとなんだか落ち着かないですよね。
DSC06034_convert_20171015190510.jpg
ウェルトとのコントラストがいい感じですね~!

#4014オールソール ¥11000(+tax)
ミッドソール交換 ¥3000(+tax)

GORO(ゴロー)

Posted by Second Fiddle on 01.2017 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC05932_convert_20171001191702.jpg
登山靴で有名なこちら。
ビブラム#148が装着されていますね。ダナーライトなんかでもよく見かけると思います。
148はフラットソールなのでカカトが擦り減ったらどうしよう・・・いきなりオールソール修理!?

なんて方の為の修理!

カカト部分だけセパレートに切っちゃいます!!
DSC05934_convert_20171001191749.jpg
こんな感じ。
DSC05963_convert_20171001191813.jpg
ビブラムなので#1205が合わないわけがないですね。
もう分からないでしょ?
DSC05964_convert_20171001191826.jpg
目の深さこと違いますが材質も強度も折り紙付きですよ!
いきなりオールソールより経済的で靴にも優しいです。だれも損しません。いい修理方法だと思います。

#1205 カカト交換 ¥2800(+tax)

WESCO(ウエスコ)

Posted by Second Fiddle on 17.2017 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC05889_convert_20170917173120.jpg
ついついオールソール交換の投稿が多いですが、もちろんのことこんなカカト交換が多いですね。
DSC05892_convert_20170917173144.jpg
写真撮り忘れましたが穴に何か埋めてる部分、オリジナルの釘の跡(穴)です。

靴に限らず言えることも多いですが、鉄を錆びさせて『かしめる』という考え方ですね。
その通り錆びた釘は抜けないし反面周囲が炭化していることが大半なので、補強の為木材で埋めて戻してあげます。
DSC05915_convert_20170917173019.jpg
最後にまた釘打って仕上げです。
DSC05914_convert_20170917173109.jpg
カカトだけ綺麗な面が出てると違和感があるので、ゴムの部分しか削っていません。
DSC05913_convert_20170917173132.jpg
こうすることで見た目を損ないません!

#100ヒール交換 ¥3500(+tax)

REDWING POSTMAN (ポストマン)

Posted by Second Fiddle on 03.2017 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC05696_convert_20170903175717.jpg
S様、お待たせ致しました!
今回のポストマンは#2021でのオールソール修理です。
オリジナルソールは合成ゴムなので、こちらのようなゴム入りEVAにすることでかなり重量が軽減されます。
DSC05698_convert_20170903175746.jpg
少し厚くなりボリューム感が◎ですね。
EVAの場合できるだけライトにさっぱり仕上げます。インクべっとりじゃカッコ悪いですよね。
DSC05700_convert_20170903175801.jpg
自分もこのソール大好きです。ついつい癖に・・・(笑)
DSC05699_convert_20170903175825.jpg
前オーナー様がとんでもなく厚化粧させていましたが、なんとか薄化粧までもってきました!

また晴れた日にお仲間とバイクでのご来店お待ちしております!

#2021 オールソール ¥11000(+tax)
汚れ落とし+保革(面積・状況により変動あり)通常のドレスシューズ(黒)で¥1500 ¥今回は¥2500(+tax)

PATRICK (パトリック)

Posted by Second Fiddle on 20.2017 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC05504_convert_20170820182613.jpg
カウンターライニングの補強で承りました!
オリジナルは合皮なので劣化によりボロボロと皮が剥けるような状態になっていましたので・・・。
今回は同じ劣化を防ぐため天然皮革で修理をさせていただきました。
DSC05496_convert_20170820182705.jpg
皮革になることで多少のシワは出ますがご了承下さい。
DSC05503_convert_20170820182640.jpg
ドレスシューズですと大抵カカト周りだけ補強しますが、こちらは靴紐の穴の部分まで剥けていましたので広範囲でやらせていただきました!
DSC05499_convert_20170820182717.jpg
カカトも補強です!
同じパターンの材料もありますが、今回はサイドから見た色合いを重視で行っております。
DSC05498_convert_20170820182800.jpg

愛知県よりわざわざ郵送での修理をさせていただきました!
なによりもわざわざご連絡いただき、信頼していただけたことに喜びを感じます。

I様、ありがとうございました。

ライニング補強(範囲により変動あり) ¥6500(+tax)
カカトコーナー修理 ¥3000(+tax)

 HOME 

Profile

『SECOND FIDDLE』とは・・・
脇役という意味があります。

主役はあくまでも靴でありオーナー様で僕ら修理屋は脇役に徹する、そんな思いから名づけました。

大切な靴、是非御相談下さい。

Second Fiddle

Author:Second Fiddle

〒310-0804
茨城県水戸市白梅1-5-9
TEL 029-306-7402
OPEN 11:00 CLOSE 20:00
定休日 月曜日

遠方の方ももちろん大歓迎です!
まずはページ下部のメールフォームよりご連絡お待ちしております。

Send Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Seach

QR code

QR