Sanders(サンダース)

Posted by Second Fiddle on 26.2017 Ladies 0 comments 0 trackback
DSC04406_convert_20170426192224.jpg
少し古めのサンダース、頂いた靴とのことです。
こういった靴をサラッとプレゼントできるのも、履ける女性も素敵ですね。それにしてもミリタリー臭が(笑)
DSC04412_convert_20170426192124.jpg
オリジナルが画像のようなエッグ型でしたので#2027で再現!
カカトは#5586、婦人靴を対応できる10mm前後のリフトって意外と少ないんです。
DSC04409_convert_20170426193808.jpg
その他にちょっとリッチにダイナイトって選択肢もあります。
DSC04410_convert_20170426192146.jpg
分かりますか?オリジナルの通りにツメだしで仕上げています。
DSC04411_convert_20170426192157.jpg
これあると一気にドレスシューズ感とイングランド感が増す気がします。
DSC04405_convert_20170426192212.jpg
上京前にメンテナンスでした!帰郷の際はまたメンテさせて下さいね!

#2027 ハーフラバー ¥2200
#5586 リフト ¥2500

REDWING 8167

Posted by Second Fiddle on 19.2017 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC04421_convert_20170419193448.jpg
ボブソール(純正の白いやつ)から一転、カスタム!
レザーとラバーのダブルミッドからの#100ソールへ。
屈曲性と摩耗性に優れたソールなので個人的には一番よく履く組み合わせです!
sda-1_convert_20170419193808.jpeg
この辺のオリジナルがフラットなワンピースソールの場合、シャンクと呼ばれる鉄製の背骨みたいな役割のパーツが入っていません。
フラットな為必要ないのですが今回のようにセパレートにする場合、ふまずからカカト部分を支えるシャンクが必要になってきます。
そこで上の画像のように左からくり貫いて→シャンク(綿テープで補強・接着用)を入れて→埋め戻し
これでばっちりです!特にお金はいただいておりませんが、このようなカスタムの場合こんな一手間もかかっていることを分かって下さい(笑)
DSC04424_convert_20170419193559.jpg
ぶち縫い!
DSC04422_convert_20170419193535.jpg
カカトはレザー2枚とリフトくらいがバランスいいです。
DSC04423_convert_20170419193547.jpg
そしてなによりもスエード(ベージュ)と100ソール(黒)の組み合わせは最高にかっこいいです!
今回はサイドをブラウンで仕上げていますが、削りっぱなしのナチュラルでも良いと思います。

#100ソール ¥13500
ミッドソール 1枚 ¥3000

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Posted by Second Fiddle on 11.2017 Dress Shoes 0 comments 0 trackback
カウンターライニングの記事をほぼあげていないことに気づきました(汗)
DSC04420_convert_20170411190126.jpg
カカトの内側が擦れてクレーターができちゃった方、もうなくなっている方、変な角が当たって痛くなってる方、様々だと思います。
境目の部分は漉いて干渉しないように加工しております。
DSC04418_convert_20170411190144.jpg
クレーター部分はなだらかに埋めて違和感ないように。

カウンター芯が割れる前の補強がお勧めです!!

カウンターライニング補強 ¥3500~

CLARKS(クラークス)

Posted by Second Fiddle on 02.2017 Work Boots 0 comments 0 trackback
DSC04152_convert_20170402194841.jpg
クラークスの場合ミッドソールにフェルトが使用されている場合が多く、大抵内側が擦り減っていたりサイドが割れていたりします。
ここでミッドソールを交換せずに3000~5000円けちると、オールソールする意味がなくなってきますのでがっつり綺麗にしたい場合は思い切りが大事です!
DSC04157_convert_20170402194746.jpg
今回はオリジナルのように天然クレープご希望でしたので、革と3mmクレープをミッドソールに採用。
DSC04156_convert_20170402194758.jpg
素材展開はまるでアスターフレックスのように(笑)革にすることで適度に柔らかく内側の摩耗に強くなります。
DSC04155_convert_20170402194810.jpg
3mmクレープでダシ縫いをかけることでクレープ同士、接着しやすくなっているわけです。

今回はオリジナルに近い方法で修理しましたが、例えば革+合成ゴムでダシ縫いをかけ、アウトソールをビブラム#2021で軽くって選択肢もありだと思います。
こんな感じにって描くものがあればご相談下さい!こちらから最善策をご提案します!
DSC04154_convert_20170402194821.jpg

天然クレープ オールソール ¥13000
ミッドソール(革+天然ゴム) ¥5000

7CCR(セブンシーシーアール)ss

Posted by Second Fiddle on 24.2017 Dress Shoes 0 comments 0 trackback
Y氏らしいセレクトのこちら。
もう近づくとイタリア臭がすごい(笑)なめしです!
DSC04447_convert_20170324193714.jpg
スニーカーのようなレザーシューズですね!アッパーはGUIDIの革だそうです!
好きな方も多いはず。
DSC04448_convert_20170324193727.jpg
通常ドレスシューズですとアウトソールは4.5~5mm程度のレザーを使用しますが、こちらは少しライトな3.5mmを使用しております。
前に少し貼ってあげるだけで耐久性がだいぶ上がりますね!
DSC04449_convert_20170324193752.jpg
こんな色あんの?あります!
DSC04450_convert_20170324193738.jpg
そんなに違和感ないかと思います。

アッパーから下全部カスタムも可能ですので、これから何度と楽しめる靴かと思います。
セレクトショップ『diaries』のY氏ならどんなカスタムするのか、こちらも楽しみにしておきます(笑)

#2027ハーフラバー ¥2500(+tax)



 HOME 

Profile

『SECOND FIDDLE』とは・・・
脇役という意味があります。

主役はあくまでも靴でありオーナー様で僕ら修理屋は脇役に徹する、そんな思いから名づけました。

大切な靴、是非御相談下さい。

Second Fiddle

Author:Second Fiddle

〒310-0804
茨城県水戸市白梅1-5-9
TEL 029-306-7402
OPEN 11:00 CLOSE 20:00
定休日 月曜日

遠方の方ももちろん大歓迎です!
まずはページ下部のメールフォームよりご連絡お待ちしております。

Send Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Seach

QR code

QR